新着情報

皆野町のイベントやお祭り、花情報等の最新情報や観光協会会員情報をお伝えします。
2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

最近の投稿

日本唯一⁉夜の川渡り祭り[親鼻祇園(夜川瀬)]!


皆さん、こんにちは!

といえば、スイカかき氷

もありますが。。。やっぱり、お祭り 😎

 

 

今回はこちらを紹介します!

 

◆日本唯一⁉夜の川渡りまつり[親鼻祇園(夜川瀬)]!

これは皆野町の親鼻で毎年「7月の第4土曜日」に開催されている地域のお祭り!!

今年は7/22(土)に開催されました!

皆野町観光協会調べによると、日本唯一の夜に行う川瀬まつり 😆

※最後に動画あり(後で載せます)

 

 

◎目玉はコレ!

このお祭りの目玉は何と言っても、タイトルにある通り

地域を愛する男たちが神輿を担ぎながら、夜の荒川を掻き分けていくところです!

また、川の中で神輿に水をかけるシーンも見ごたえがあります!

 

 

◎お祭り中身をノゾキ見!

1

お祭りですから、当然そこの地域を周っていきます。

そこで、神輿を担ぐ男たちが『もむ』と呼ばれる不思議な動きしていました 😯

止まって、重心を左右に大きく、ゆっくり傾けます。

これを3回繰り返します。例えるとメトロノーム。

多分、皆さんも気になるだろうと思って訊いてみました!笑

地域に憑いた『厄を祓い、吸い取る』という意味があるそうです!

 

2

その地域すべての厄を吸い取った最後は、夜の荒川を掻き分けていきます!

そこで行われるのは、目玉である『神輿洗いの儀、禊ぎ』

川の流れに逆らい、上流へ。

まるで鮭のようです 😯

その後は、なんと。。。神輿を転がしているではありませんか!!!

「なんて罰当りな事を!」と思う方もいるかもしれませんが、

川の水で『神輿が祓い、吸い取った厄を落とす』という意味があります!

 

3

転がしながら流れた後は、神輿を川底に置き、その上に一人乗ります

乗れる人は、長年にわたり地域や祭りに貢献した人です!

皆を鼓舞し、「秩父締め」をします。

※秩父締め:後でリンク張ります

それが終わると同時に、皆が乗った人ごと神輿に水をかけます!!

かけ方は、海でイチャつくカップルです 😉

意味も聞きました!

祭りの進行的には意味はなく、『祭りを盛り上げるもの』だそうです!

 

4

これを3回繰り返して終了となります。

そして、最後に花火が夜空を飾ります

 

 

◎訊いてみた!

Q.お祭りにどういう気持ちで臨んでいますか?

A

「お神輿を担ぐ」という事は神の使者となり、

お祓いから禊ぎ、納めるところまでを担うことになり、

神様に失礼のないよう、一生懸命担いでいます。

 

 

Q.「来ていただいた方やまだ見たことのない方」に、ひとことお願いします!

A

来てくれた方には感謝しています。毎年来る人もいて、一層祭りへの熱が高まります。

まだ見たことのない人の方が多いと思いますが、「夜の川瀬」で珍しいお祭りです。

迫力ある川渡りを見て、皆さんにちちぶのパワーを持って帰っていただきたいです

ぜひ、見に来てください 😉

 

 

 

皆野町に限らず、秩父地域ではほぼ一年中お祭りをやっています!

ぜひ、遊びに来てくださいね(^v^●)v

 

SNSでも観光PRしています!

Twitter

☛Instagram

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com