日の夕べ天空を去る一狐かな

立沢バス停立沢

秩父事件の中心地帯である西谷(にしやつ)は、荒川の支流赤平(あかびら)川を眼下に、空に向かって開けている。谷間から山頂近くまで点在する家は天空と向きあっている。

夕暮れ、陽のひかりの残るその空を一頭の狐がはるばるととび去ってゆくのが見えたのだ。いや、そう見えたのかもしれない。

急な山肌に暮らす人たちに挨拶するかのように。謎めいて、妙に人懐かしげに。

(『狡童』)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

所在地:

 皆野町営バス 立沢バス停

所在地住所等:

 皆野町立沢地内

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com