おおかみに蛍が一つ付いていた

皆野椋神社1皆野椋神社2

七十歳代後半あたりから、生きものの存在の基本は「土」なり、と身にしみて承知するようになって、幼少年期をそこで育った山国秩父を「産土」と思い定めてきた。

そこにはニホンオオカミがたくさんいた。明治の半ば頃に絶滅したと伝えられてはいるが、今も生きていると確信している人もいて、私も産土を思うとき、かならず狼が現れてくる。群のこともあり、個のこともある。

個のとき、よく見ると螢が一つ付いていて瞬いていた。山気澄み、大地静まるなか、狼と螢、「いのち」の原始さながらにじつに静かに土に立つ。

嵐山光三郎さんがこの句を読んで、「あんたの遺句だ」と言ったのを覚えている。

建立記念誌

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

所在地:

 皆野椋神社

所在地住所等:

 埼玉県秩父郡皆野町皆野238

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com